education

学ぶ上でのコスト

高校でイラストを描く際の費用・価格の傾向

高校でイラストを学ぶにあたって、最も手軽で安価な方法はイラストや美術系の部活に入部することです。部活動では部費を各自生徒から集めることにより安価の絵描き方を学ぶことが出来ます。また部費の大半を学校が支援します。そのため、生徒は小額の出費で済みます。部活動の部費は各高校で違いますが、年間3000円ほどで十分な高校がほとんどです。またイラストを描く本人がどのような画材を使用するかによって大きく金額に差がつきます。例えば紙と鉛筆を数本そろえて絵描くこともできますが、または絵具を使用したり、コンピューターを使用しイラストを作成する場合もあります。このように本人の描きたいイラストによって画材の価格が変ります。自分がどのような作品を絵描きたいかを決定し、使う画材の価格を決めることも必要になります。

現代までの傾向と変遷

現代は高校でもイラストを学びやすい時代になりました。昔は高校を卒業し、芸術・美術大学への進学を経て、絵画を学んだり独学が主流でした。また経済的に余裕があり、才能のある人たちは絵画教室に通う傾向にありました。しかし現在は、誰でも気軽に絵描くことができ、学ぶことが出来るようになりました。将来、歴史に名を残すような画家から、ほんの趣味で気軽に学びたいと言う人たちまで、沢山の人が絵画を学べます。高校の部活動というのは同じ目標を持った人が集まり、思い思いのイラストや絵画を作成することのできる場です。以前は油絵やデッサンなどアナログな絵画しかありませんでしたが、今はコンピューターで作成されたCGも多く出展されてます。そのように時代が進むにつれて高校のイラスト・美術活動の歴史も少しずつ変化していきます。